イメージ画像

HOME > 尋常性白斑

尋常性白斑

尋常性白斑

白斑病とは、皮膚の色素の一部が脱色し白い斑点ができる慢性的な皮膚疾患(別名:シロナマズ)になります。 後天的な疾患なのですが、子供から大人まで幅広い年齢層に発症する病気です。
また、身体の一部に白斑があらわれる限局型、身体のあらゆる部位に白斑があらわれる汎発型、皮膚の神経に沿って白斑が発症する神経分節型の3種類があると言われています。

特徴

・頭や顔、首や腕などの露出した部位に発症しやすい
・患部と正常な皮膚との境界部が目立つ
・患部に痛みやかゆみはかんじない
・美容的な皮膚の問題以外身体への影響はない

原因

・自己免疫疾患
・精神的ストレス
・生活環境
・やけどや怪我など、皮膚に刺激が与えられることによるもの
など

治療法

主な治療法は、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬と同じくステロイドや紫外線治療を行います。
症状の状態によっては表皮移植の施術を行うことが可能です。

主な対処法としては

外用薬
ステロイド剤・ビタミン3D剤
治療機器
ナローバンドUVBVTRACセラビーム308エキシマーシステム
などがあります。

先生からの一言

症状等により、外用剤治療・内服治療・レーザー治療などを行います。焦らず、根気よく治療していくことが大切です。

ページの先頭へ