イメージ画像

HOME > 肝斑

肝斑

肝斑について

肝斑とは、皮膚の色が浅黒い人や日本人の皮膚をはじめとするアジア人にできやすいと言われている淡褐色のシミのことを指します。
肝斑は、30歳〜40歳以上の女性に突然あらわれるケースが多く見られます。

特徴

・淡褐色の斑
・比較的大きい
・両頬や額など左右対称にあらわれる
・妊娠や出産時に出現する
・更年期に出現する
・閉経までには治りにくい
など

原因

・女性ホルモンバランスの崩れ
・ストレス
・紫外線
など

治療法

当院では主な対処法として、メドライトC6というシミに有効な治療機器を使用しております。
痛みも少ないので、安心して治療を受けられます。

主な対処法としては

外用薬
ビタミンC・ビタミンEの内服・美白剤
治療機器
QスイッチYAGレーザー(波長:1064mm)
などがあります。

先生からの一言

日焼け止めは必ず使用しましょう。

ページの先頭へ