イメージ画像

HOME > 帯状疱疹

帯状疱疹

帯状疱疹について

帯状疱疹とは、水ぼうそうを引き起こすウイルスと同じ水痘(すいとう)帯状疱疹ウイルスによって引き起こされるウイルス感染症のひとつです。
多くの人が小さい頃に、水ぼうそうにかかった経験があるかと思いますが、水痘ウイルスは治ってからも身体の中に潜んでおり、体調が崩れると活性化し帯状疱疹としてあらわれます。
個人差はありますが、帯状疱疹があらわれる前から痛みを訴える人が多く、耐えられないほどの痛みを伴う人やほとんど痛みを感じない人、痛みではなくかゆみを伴う人などがあります。
帯状疱疹は、放置したりこじらせたりしてしまうと神経痛などの後遺症が残ってしまい、長期にわたって苦しむことにもなりかねますので、早めの発見・治療が大切になります。

特徴

・前兆として身体のチクチクした痛みや風邪のような症状がある
・広い範囲に帯状の発疹と小水疱があらわれる
・20歳代、50歳代、老人に多い
・強い神経痛様疼痛を伴うことが多い
など

原因

・免疫力・抵抗力の低下
・精神的ストレス
・幼少期に水ぼうそうを発症した場合、なんらかの免疫力低下で体内に潜んでいる水疱ウイルスが活発になる
ための発症
など

治療法

帯状疱疹の基本的な治療法は、ご自宅で安静にすることが第一になります。
そして、原因である水痘ウイルスに対して抗ウイルス薬、痛みに対しては消炎鎮痛薬と抹消循環を改善させるキセノン治療を用います。

主な対処法としては

外用薬
塩酸バラシクロビル・アクシビルなど
内服薬
消炎鎮痛薬
治療機器
ベータエクセルXe-10
場合によっては手術
などがあります。

先生からの一言

初期に治療を行うと、神経痛が残りにくいです。早めの受診を。

ページの先頭へ